ユニーオイル採用情報

先輩社員の声

ロボットのように働いていた、過去の自分。
大手企業から転職して手に入れたのは
新しい自分と、ブランドを作る面白さ。

M.K

大府検査場スタッフ2014年度入社

ブランドを守るか、作るか。

大流行したF1に憧れてエンジンを触り始めたのは、小学生の頃。
工業高等専門学校を卒業してたどり着いたのは、世界に名を馳せる大手自動車メーカーの車体工場でした。しかしいつしか、車体を量産し続ける自分に違和感を感じるように……。
「従業員は人間ではなくロボットだと思っている」という上司の言葉を聞いて転職を決意しました。
一方、新たな職場、ユニーオイルの上司は驚くほどフレンドリー。
社内事情を包み隠さず部下に伝え、繁忙期には作業着姿で現場に立ちます。そんな上司の姿を見るうちに、車体工場で同僚や上司を敵対視していた自分が、日に日に柔和な人間へと変わっていきました。

ブランド名は、確かに貴重です。転職を決めた時も、周囲から「もったいない」と大反対されました。
けれどブランドを作る側にいる、というのも貴重な経験だと思いませんか。
私はむしろ過去の自分に「もったいないぞ」と言いたいです。

お客様から学んだ、整備士のあるべき姿。

入社直後、初対面のお客様からお怒りの言葉をいただきました。
よく話を聴いてみると「修理が終わったはずなのに、まだ故障がある」とのこと。幼少期から車一筋だった自分には、愛車を守りたいというお客様の気持ちが痛いほどわかりました。
すぐに車体をお借りして、整備開始。以前修理した部品とは別の部品が壊れていることが判明しました。
修理後に事情を説明したところ、お客様の表情が一変。ホッと安心した笑顔になりました。
最後に「名前は?」と聞かれ、それ以来、ご来店の度に私を指名してくださっています。

自動車は、お客様の命を載せて走る乗り物です。
ボルトの締め忘れなど、些細な手抜きは絶対に許されません。整備士は命を守る仕事、と心に刻み、お客様が安心して乗車できるよう日々研鑽を積んでいます。

タイムスケジュール

  • 09:00出社
  • 10:00実績管理・予定確認・清掃
  • 11:00車検・一般整備
  • 12:00昼休み
  • 13:00車検・一般整備
  • 17:00伝票作成など事務処理
  • 18:00退社